過疎化がすすむEagle Ray City

今日サイパンから帰ってきました。

天気はあまりよくないし、風が強いので波は高い。
なんかこのごろこんなんばっかりやな。

で、海の方はというと
・・・魚がいない。
噂では聞いていたんやけど、ほんとに魚が少ないなぁ。プエルトガレラと比べると・・・比べるだけアホらしい。仕方がないからカスミチョウチョウウオの群れでも撮っときましたわ。ハハハハハ・・・(涙)

魚がいないなら風景をって思っても、太陽がぜんぜん出てこない。おかげでGrottoやTinian Grottoもぜんぜん光が差し込んでいない、ただの穴でした。透明度も「晴れていればもっときれいやねんやろな」と思うくらいの透明度でした(ってわからんか・・・)Obyan Beachではリップカレントに持っていかれそうになるくらい強く流れていたし・・・毎朝ケーブルテレビのWeather Reportの番組を見て一喜一憂していましたわ。
http://www.kitachan.net/img/pic/news/20040211_001.jpg http://www.kitachan.net/img/pic/news/20040211_002.jpg
で、問題のEagle Ray Cityなんだけど、今年はぜんぜんマダラトビエイが出ていないようです。下手するとIce Creamの方が良く出るのではとも現地では言われています(実際私の時はそうでした)。「もうEagle Ray Cityは終わった」とか「しばらくクローズしないと」という声もちらほら。もちろん今年のEagle Ray Cityにマダラトビエイは出ていないという情報を事前に仕入れていたので、そんなにショックはなかったですが・・・2回潜って1回しか会えなかった。1匹も出なかったときは、「うわっ、最悪。こんなに流れが速いのに」と水中でぶつくさ文句を言ってました。

今回は途中現地で友達と合流したので、陸上は結構楽しく過ごせました。たまにはみんなでガヤガヤしながらダイビングに行くのもいいもんやね。しかしダイビング自体の純粋な評価は・・・中の下ぐらいかな。もちろん海はきれいでしたよ、ムッチャ。でも私的には魚がいないとダメなようです。ほらワイドの写真を撮るのってなかなか構図が結構難しいじゃないですか。タイミングをはずすと最悪な出来栄えになるし・・・。今回はEagle Ray Cityでのマダラトビエイの群れと、Grottoでの幻想的な穴を見に行ったんですが、どっちもはずしたし。Grottoは時期的なものがあるので仕方がないですが、Eagle Ray Cityはね・・・。両翼のないサイパンってあんまり魅力を感じないなぁ。もう一回行きたいか?って言われたら・・・正直No Thank youですわ。

コメントを残す