ニゴニゴな海

カパライから帰ってきました。
日本に帰ってきたときの気温のギャップに苦しんでおります。

11月と比べると寒く、海は無茶苦茶にごっていました。
魚もウミウシも少なかったです:cry:
しかしながら前回見られなかったバラクーダー・トルネードを見ることが出来ましたよ:-D 😀
あんまり流れていなかったんだけどね。ラッキーでした:-D 😀
トラフザメやマンタは・・・
また今度ということで 😥 😥

今回は多くのダイブマスターが休暇をとっていました。新たにRay, Came, Francis, Nurの4人のダイブマスターが雇われていましたが。
ただ、そろいもそろって
使えん(?.?)”凸(?.?)”凸(?.?)”凸

Rayは来て1ヶ月もたつのにJettyでマンダリンのいる場所を知らず、場所を教えてくれって言っているし、Cameはバラクーダーポイントでチャネルからシャローに行かず、再びOutsideに行こうとするし(しかも流れが変わったのにもかかわらず)、NurはJettyで迷子になっているし、Francisは特にミスはないんだけど、「俺は孫悟空だ。俺はナルトだ」(もちろんどっちも少年ジャンプの漫画の主人公ね)って言っているほどガキだし。

次回行く時奴らはカパライにいるのだろうか 😕 😕 😕
(Rayはランカヤンに行くのでいなくなるけど)

今回もまたゆきえさんにはお世話になりました。Jettyでは思わぬところでマンダリンの大群を発見してもらったりと感謝感激です。
カパライではやっぱりJettyが面白いですね。

韓国人30人の集団が一緒に到着してしまい前半はついていないなぁと思っていましたが…
やっぱりうるさい、あいつら☆○(゜ο゜)o☆○(゜ο゜)o☆○(゜ο゜)o
しかも雨だし…

そうそう11月に建設中だったレストランが完成されていました。


多くのダイバーがいてもきちんと席に座ることが出来るようになりました。

これまでのレストランは

こんな感じでソファーが置かれていて、リクライニングできるようになっていました。

食事は建物が新しくなっても変わらずバイキング形式。無意味な船のオブジェの上に料理がおかれます。

最後に2月はカパライへは行くべきではないのかなと思います。
日本人・韓国人のツアー客がいっぱいいるし、海が最も濁っている時期らしいし。

ホンマ結構微妙な旅行やったわ

コメントを残す