コンテンツへスキップ

冬の暖かい伊豆大島

20081221112022

12月18日から12月22日まで伊豆大島に行ってきました。真冬ということもありダイバーはほとんどおらず、客より現地スタッフのほうが多いという日がほとんどであった。17日までは海は荒れまくっていたらしいのですが、私がいる間は海はベタ凪状態で、非常にコンディションはよかったです。

そもそも、この冬に伊豆大島にいこうと考えたのは、11月終わりに酔っ払いながらも興奮気味の寺さんから、

「きたちゃん、見たよ、見たよ!!うらやましいやろ?。うぃっ、ヒック」

という電話が、伊豆大島からかかって来たのがきっかけ。そう伊豆大島ではありえない存在である、

アケボノハゼ

を秋の浜で見たと、酔っぱらった寺さんがうれしそうに話すのを聞いて、こりゃ行かないとと急遽休みを取って伊豆大島へ・・・・行ったときにはもういませんでしたがね(涙)

ただ、フリソデエビなど見れたから満足だったのは間違いないですね。使ったサービスはもちろん「Y'sドリーム」。私のいる間他の客はおらず貸しきり状態。食事も「これ食べたい、あれ食べたい」とリクエストを出したせいかとても豪華で、一人なのに申し訳ないなと思いながら、食べまくりました。おかげで3,4kg体重が・・・。体重計に乗ったときは自分の目を疑いましたね。もうすぐ正月なのに。

見た魚は、フリソデエビ以外に、ネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ヤシャハゼ・ゼブラハゼにクロユリハゼなどなど。イソコンペイトガニもいましたかね。水温が20度近くと冬としては暖かかったので、ウミウシはほとんどおらず。カンナツノザヤウミウシぐらいですかね、目立って珍しいウミウシが見れたのは。

今年の天候は非常におかしいですね。昨日暖かかったと思ったら、今日はむちゃくちゃ寒いってな感じで気温の差が激しいし、それなのに海の中は無茶苦茶暖かい。極めつけは伊豆大島でアケボノハゼ。もちろん八丈島で見られるから、いないわけではないと思いますが。寺さんから電話があったとき、思わず「誰か飼ってたやつ放流したんとちゃう?」って聞いてしまったぐらいですからね。潮の流れでたまたまやでといわれたらそれまでですがね。ほんと1年を通してへんな天候でした。

今回はアケボノハゼが見れなかったのは残念ですが、いろいろな魚も見れたし、結構我侭なリクエストにも応じてもらえたので大満足でした。冬のダイビングって実は好きなんですよね。なんせ人がいないし。他にダイバーがいたらゆっくり写真撮れないやん。透明度も高く、実は写真を撮るにはとてもいい環境だと思いますね。次回は久々に海外に潜りに行ってみようかな。

コメントを残す