コンテンツへスキップ

弱り目に祟り目

毎夜ツール・ド・フランスをテレビ見ているのですが、昨日は覚えているのは始めの方のエバンスのアタックまでと、終了付近のアンディ・シュレックのアタックからという、jsports的に言うと"大落車(爆睡)"をかましてしまいました。そのせいかツールが終わってもぜんぜん寝付けず。5時を過ぎても寝ることができなかったので、自転車に乗ってみました。

朝早いということもあり、今日は荒川大橋までの「センチュリーライド」をやってみようかなと、なぜかハイテンションな私。今回のBlogの題名も「センチュリーライド@荒川サイクリングロード」になるはずでした。途中までは順調。時速・心拍数とも抑え目にして、調子が良くてもスピードを出さないことを心がけました。

汚れた手順調にこなしていたものの、たまにブレーキに後輪が擦ってしまうことがあったので、太郎右衛門橋付近でチェックすると、スポークが折れていてホイールが歪んでいる様でした。太郎右衛門橋は家からだいたい55kmのところ。もちろんこの時点で絶望感がいっぱい。そうは言ってもタクシーにも乗るわけにも行かず、ましてや歩いて帰るなんて不可能なので、歪んだホイールのまま帰ることにしました。

既に集中力は切れ、重い足取りで帰り始めたのですが、入間大橋付近で更なるアクシデントが・・・入間大橋に出るときちょっと坂を上らないといけないのですが、突然
ブチッ
という音と共に、漕いでいたペダルに力が入らなった。チェーンが切れてしまった・・・(涙)ちょっと力を入れて漕いだだけなのに・・・

「スポーク破損→ホイールのゆがみ→チェーンがスムーズに動かない」という悪循環が招いたトラブルっぽいです。チェーンカッターは持っていたのですが、ピンは持ってきていなかったので、チェーンを繋ぐのに一苦労。最悪です・・・

グローブ、バーテープ、体とすべてが真っ黒になりました。
目の前も真っ暗ですがね・・・(涙)

「こりゃ力は入れられないなぁ」と注意して、以降は軽いギアで漕いでいたのですが、それでも堀切駅のところでまた"ブチ"という音が・・・

もはや発狂寸前。1回目と同じように直しましたが、我慢できなくなり、そのまま「LIGHT-CYCLE」さんへ直行。初めは家に帰ってBolg用の写真を撮ってからと思っていたんですがね・・・

LIGHT-CYCLEさんで、その場でチェーンと後輪を修理してもらいました。LIGHT-CYCLEさんは非常に手際よく、しかもいろいろと説明を交えながら作業をしていただいたので非常に好感の持てるお店でした。ただ、後輪はそもそもがうまく組み上げられておらず、すべてを分解する必要があったようで、結構難航されていました。しかも応急処置はできるが、ホイールが歪んでいるので本当は新しいのを買ったほうがいいということでした。

前々から新しいホイールが欲しかったということもありますが、あまりにもの今日の出来事に怒り心頭であったので、思わず衝動買い。ホイール自体の軽さより(ホイール1g軽くするより体重1kgも軽くするほうが安くてお手軽でしょ)、重すぎる体重を支えられることを優先し、いろいろ相談した結果、メーカーに在庫のある「Mavic キシリウム エリート」にしました。間違いなく今のホイールより"回る"よとのこと。

思わぬ出費になってしまいましたが、ホイールを変えただけで走りはぜんぜん違うものになると、前々からYAN先生から言われていたので非常に楽しみです。新しいホイールがくるのは来週の連休明け。栄村には間に合いそうです。栄村でいい買い物をしたと思えたら最高ですね。今から楽しみです。

コメントを残す