レギュレーターのオーバーホールをしました ’10

レギュレーターのオーバーホールをしました。

もともと某オーバーホール業者に頼んでいたのですが、オーバーホール後チェックするときちんとサビや汚れが落ちてなかったということがあり、オーバーホール業者に信用がおけなくなったというのが主な理由です。
それに酸素洗浄してくれるわけでもないので、様々な観点から自分でオーバーホールをやったほうが確実で信頼できると判断しました。
パーツとかも簡単に手に入りますし。

えっ、資格?なにそれ?www
商売でするわけでもないのでそう言うのは持っていません。ただちゃんと講習は受けていますけどね。マニュアルや道具も手に入れたしwww
でも良い子は真似しないでねwww

今回はApeksのレギュレーターを3つオーバーホールしました。
買って1年弱ですが既に150本以上潜っているのでそろそろオーバホールし時ですね。
Scubaproのレギュレーターはほとんど使っていないので今回はしないでおきます。

基本的には部品をバラバラにして、酸で洗浄して汚れを落とし、Oリングを交換してから組立て直すという作業になります。

まずファーストステージを分解

後は洗浄して組み立てます。Oリングは全部交換します。

続いてセカンドステージを分解

こちらも洗浄後組み立てます。Oリングは全部交換します。

超音波洗浄機での洗浄を売りにしている業者もありますが、普通の汚れは酸だけでも落ちます。
しつこい汚れは丁寧に歯ブラシや綿棒で綺麗にします。
時間はかかりますが綺麗になりましたよ。

ただ、組み立ては終わりましたけど、途中にタンクのエア(というか酸素)が無くなってしまって、ファーストステージの中圧とかセカンドステージの調整ができてないんですよ(涙)
プエルトガレラで続きをやることにします・・・

コメントを残す