コンテンツへスキップ

写真がうまく撮れないよ(涙)@プエルトガレラ

プエルトガレラに行ってきました。

今回は、テクニカルダイビングです。一応カメラも持って行きました。一緒に行ったのは、私のテクニカルダイビングの師匠でもある久保さんです。本当はもう一人Nさんも一緒に行くはずだったんですが、どうも会社でシステムトラブルが出発日の前日に発覚したらしく・・・有給がたまっているからとらないとという話だったのに・・・合唱www

レクレーションではダイビングコンピューターを使って潜りますが、テクニカルダイビングではダイビングコンピューターをあまり使いません。もちろんトライミックス対応のダイビングコンピューターを持っていないというのもありますが、エントリー前に陸上でPCのソフトを使って細かく潜水計画を立てるから、ダイビングコンピューターは必要ないんですよね。

ただ、こういうダイビングはほとんどしてないので全然なれることができず写真を撮っても全くダメでした(涙)

例えば75mまで行った時は、ガスはTRx15/55, TRx21/35, EAN50%, 100%O2の4種類持って行ったんですが、その時は

75m - 15分
60m - 2分
54m - 2分★
36m - 1分
33m - 1分
30m - 1分
27m - 1分
24m - 1分
21m - 5分★
18m - 3分
15m - 3分
12m - 3分
9m - 4分
6m - 9分★+6up

という潜水計画を立てました。細かいwww。ちなみに★はガス交換する深度です。あと6upは6mからの浮上方法で、6m-1分、5m-1分・・・1m-1分と1mにつき1分かけて浮上する手法です。

どちらにしても厳密な中性浮力は求められます。でも上下50cmは波や流れで普通に動いてしまいますが。現地の施設のTECH ASIAのスタッフとも一緒に潜ったんですが、やっぱりうまいね。勉強になりました。ぜんぜん体がぶれないんですよね。私より体がでかいのにSAC率が私より少ない理由がわかります。

ただ、どうしてもこの潜水計画を遂行しようと意識が強くなってしまい、焦る→ピントが合わない→焦るの悪循環(涙)その間に魚を探すというのもあり水中でやること多すぎです。
そりゃいい写真は撮れないですよね。早く慣れないといけませんね。

次回リベンジです。

コメントを残す