コンテンツへスキップ

テクニカル・レックダイビング講習@スービック

フィリピン・スービックでIANTDテクニカル・レックダイビング講習をやってきました。

スービックは沈船で有名なポイント。もともと米軍の基地があったのですが1991年のピナトゥボ火山の影響でフィリピンに返還された場
所です。

火山灰の影響で透明度は最悪。正直味噌汁の中で潜っているみたいでした。ただ、レック講習には最適な環境らしいwwww

今回はDIR-TECHの久保さんのコーディネートのもと、TECH ASIAのSamの講習を受けました。もともと私以外にも2人講習を受けることになっていたはずなんですが、諸般の事情により私1人での受講となりました。

もともとレックやケーブに関してはあまり興味がないのですが、一方で自分の知らない世界の技術を知りたいということもあり受講しました。

まぁ将来必要になるかもしれないしね。宝探しとか宝探しとか宝探しとかwww

講習の内容は

  • ラインのはり方・使い方
  • 視界0の場合の対処

がメインとなります。

スービックにはいろいろな船が沈んでおり、合計4つの船や飛行機に潜ることが出来ました。その中でも上の写真のUSSニューヨークという巡洋艦へのペネトレーションがメインとなります。

「実は2ヶ月前に有名なテックダイバーが亡くなったんだよね・・・遺体はこの部屋で見つかったんだよwww」とインストラクターにビビらされながら潜って来ましたよw

船の中の風景は・・・ほとんど目を瞑っていたので覚えていませんwww視界0の環境をシミュレートするために目を瞑るんですが、とにかく行きはラインをはり、帰りは目を瞑ってラインを頼りに出口に向かう練習がほとんど。ラインの貼り方が下手くそだとあっちこっちに体をぶつけてしまいます。

馴れている中性浮力に関しては問題はないのですが、やはりラインやアローの使い方は馴れていないのでちょっと焦ってしまいました。Samからも「焦ると呼吸が早くなるから直ぐわかる。エアもたっぷりあるんだからもう少し落ち着いて。」と言われ続けました。

あときちんとコミュニケーションはとることって言われてしまった。ハンドサインきちんと覚えてなかったのがバレバレ(汗)あれもやらないと、これもやらないとと考えていたら、どうしてもコミュニケーションが疎かになってしまうんですよ(汗)

すみませんね・・・馴れていないもんで・・・orz

とにかく無事にレック講習は終わったので、あとは実践あるのみ・・・と言いたいところですが日本にそんな環境は殆ど無いぞ・・・orz

宝探しまでの道のりはまだまだですねwww

レック講習は順調に終わったのですが、順調に行かなかったのは天候。馬鹿でかい台風がまさかのフィリピン横断。台風が来たのはレック講習が終わってからだったのが不幸中の幸い。

とはいえ、海の上に建てられた部屋に泊まっていたので、すぐさま影響のない地面の上に立てられた2階の部屋にチェンジしてもらいました。

ホテルにジェネレーターはなく、電化製品が全く使えないまま二夜を過ごす羽目になりました。フィリピンなんだからジェネレーターを標準装備しとけよって思いましたが仕方がありません。なんせフィリピンなんですから。

結局予定より1日遅くプエルトガレラに向かうことになりましたが、プエルトガレラに着いてからも台風の嫌がらせは続くんですよね(涙)

2 thoughts on “テクニカル・レックダイビング講習@スービック

  1. ひろちゃん☆彡

    なんかすごい所で講習されてきたんですね♪
    テックとか、わたしも全然知らない世界なので、なんか興味深いです。
    (^_^*)

    「知らない世界の技術を知りたい」っていうのは、良いですね♪

    それにしても、きたちゃんが嵐を呼ぶ男だったとは、知りませんでした(笑)

  2. kitachan

    ひろちゃん

    >「知らない世界の技術を知りたい」っていうのは、良いですね♪

    レックやケーブのような厳しい環境の技術は写真撮影にも生かされるのではないかと期待しているのですが・・・役に立っているのはバックすることが出来るようになったぐらいですかねw

    ただ、これらのトレーニングは将来水中撮影をする時に役立つ・・・かな?

    今はテックのインストラクター講習は興味出てきたんですよね。レクレーションのインストラクターは全く興味無いですがw

    >きたちゃんが嵐を呼ぶ男だったとは、知りませんでした(笑)

    誤解です。断固否定させてください。
    たしかに9月は毎週のように台風に出会いましたが、そういうのは稀です。過去旅先で嵐に出会ったのは、今回を含まなければ3回ぐらいですよ。

    晴れ男というほどの力はないですが、嵐を呼ぶ男ではないです・・・たぶんw

コメントを残す