Gopro Hero3 Wi-Fi + アルミポール

自分の部屋の風呂でGoproのwi-fiの強さを確認してみました。

GoPro Hero 3 + iPod touch

私が持っているGopro Hero3 Black Editionは、wi-fi経由でスマホやipod touchにインストールしたGoProアプリでリアルタイム(もちろん数秒遅れるときもありますが)に映像を飛ばしたり、いろいろな操作ができる機能があります。そこで、上記写真のようにすればポールカムを使いながら映像を確認しながら撮影できるわけです。

下手したら水深15cmでの撮影もありうる淡水域やタイドプールなど水深1mを切るところでGopro Hero3のWi-Fiが使えるのであれば、構図を調整しながら撮影できるので、Goproが非常に強力な武器となります。

もちろん、wi-fiはマイクロ波なので水の中では大幅に低減されてしまうのは前提ですが、1mより浅いところでGoproが使えれば十分なので・・・いろいろググってみましたがなかなか情報がない。まぁ、こんな検証する人がいないよね。

じゃあ私がやってみましょうかということで、確認してみました。

検証作業の前提として

  • 場所:私の部屋の風呂
  • 水質:水道水
  • スマートフォン:GALAXY S ? LTE
  • 電波状況調査アプリ:WiEye

という自然界ではありえない前提なので、フィールドでは使えるかどうかはわかりませんが、ある程度参考になると思います。

しかも風呂は水深1mもないしwwwあと風呂は狭いのでポールカムは付けていません。接続部分に紐をつけて吊るして調べました。

で結果はというと・・・・

水深50cmでも、映像がスマホで見られるということが判明!!

もちろんたまに電波がとぎれとぎれになりますが、使用できる範囲内です。

本当は水深1cmでは何dBmとか調べようと思っていたのですが、水中に入れる前は-30dBm前後ですが、水深10cmぐらいまでは-50?-60dBm、水深50cmでは-60?-70dBmと結構幅がありました。というかセンチメートル単位で動かしても数値があんまり変動しないよwww

ただねぇ・・・本当に信頼できるテスト環境かわからないところがねぇ・・・なんか干渉して電波が届いていたりとかあるかもしれないし・・・

ポールの長さも考慮しないといけないので、実際に使えるかどうかは実際のフィールドで確認するしかないですね。

コメントを残す