しまなみ海道サイクリング 2013年9月

しまなみ海道へサイクリングに行ってきました。
来島海峡大橋

面子はさちさん、ともちゃん、ゆかさん、アロハさんのダイバー仲間。2泊3日のグルメ(?)の旅でした。

しまなみ海道を走るのは初めてなんですが、すごく走りやすかったです。コースは青い線できちんと指示されているので、道に迷うことなく尾道から今治まで行くことができました。適度にアップダウンもあり飽きさせないルート設定となっています。またレベルに応じて強度もいろいろ選べるので、予めどのルートをとるか調べていく方がいいですね。もちろん我々は最短・お気楽ルートで行きましたよwww

≪DAY 1≫
初日は福山をスタートし、鞆の浦を経由、尾道までの43km。(JSPORTS風に書いてみましたwww)

しまなみ海道自体75kmと短く、1日で渡り切れる距離であり、2日かけて往復すると3日目の予定に影響が出るので、初日は福山から鞆の浦を経由して尾道に入りました。

鞆の浦は「崖の上のポニョ」で、宮崎駿監督が構想を練った地として有名らしいですが、それを大々的に売りにすることもなく、「ふーん」という感じで通り過ぎましたwww

写真もほとんど撮っていませんwww↓は盗撮ですwww
常夜燈

尾道到着後、「しまなみサイクリングクーポン」を購入した後はもちろん「尾道ラーメン」・・・が、まぁこんなもんかな。東京のラーメンのレベルの高さが怖いwww

≪DAY 2≫
第2日目は、尾道をスタートの後、船に乗り因島へ、生口島や伯方島・大島を経由し今治市内までの83km。このツアーのメインである「しまなみ海道」です。

橋までの登りは1本目の因島大橋へのアプローチが一番しんどかった気がします。体が起きてなかったのかな???午後になると結構な勢いで登れたんですけど、この1本目だけは全然でした。

将来「坂バカ」になるであろうアロハさんは、思いっきり飛ばして登っていかれましたがwww
生口橋に向かう登り

因島大橋は構造が面白く、車道の下を自転車や歩行者が通る作りとなっています。
因島大橋

生口橋を渡り、生口島では「ドルチェ 本店」でジェラードを堪能。程よい疲れに持って来いのデザートタイムでしたwww
生口橋

生口橋

多々羅大橋を渡り大三島へ。レモンが美味しそうでした。
多々羅大橋

多々羅大橋

多々羅大橋

多々羅大橋

多々羅大橋

多々羅大橋を渡ったすぐにこんなものがwwwすぐそばの道の駅で昼食タイム。
多々羅大橋

大三島橋を渡って伯方島へ。伯方島でしか手に入らない「塩だれ」は買った方がいいよというすぎまるさんのコメントにも気付くことなく、さらっと伯方島を後にしました。
大三島橋

大三島橋

伯方・大島大橋を渡って大島へ。
伯方・大島大橋

伯方・大島大橋

伯方・大島大橋

伯方・大島大橋

大島に入ってすぐのところで渦潮が見れるみたいなんですが・・・
大島の渦潮

時間が合わなかったのかわからないですがしょぼいですねwww

大島は一番簡単なルートでもちょっときつい登りがあるので一苦労。撮影に没頭してしまい、私一人だけ遅れたので、追いつくために飛ばしたけど痛恨のルート間違いをしてしまい、登りでゆかさんが見えたときは正直ホッとしましたwwwもちろん苦しいから写真なんか撮れませんでしたwww

最後は来島海峡大橋を渡って今治まで。今治にサイクルステーションがあるので、この周辺は人が多かったです。ガキどもよ、頼むからまっすぐ走ってくれ(汗)
来島海峡大橋

正直来島海峡大橋から見た渦潮の方が綺麗だった。まぁ鳴門の渦潮と比べたらぜんぜんだけど・・・あれは別格。
来島海峡大橋から見た渦潮

みんな無事に完走できました。途中ゆかさんがひざを痛めてしまいましたが、根性で完走されました。

面白かったんですが、逆にもう少し練習していればもっと面白かったかもしれません。毎日自転車通勤をされているさちさんに比べると、他のメンバーのバテバテぶりが(汗)

もっと練習したら亀老山展望台へも・・・行けないよねwww

あと反省点としては、荷物が多すぎ。腰が痛いです。これはゆかさんを見習わないといけませんね。私もフロントバッグ買おうかな・・・

≪DAY3≫
3日目はうどん県へ、讃岐うどんツアー。もちろん車での移動wwwこれは省略。

定期的にこういうイベントを作ってサイクリングに行きたいですね。私の場合「サイクリング=一人」という割合が90%以上なので、みんなで行くとむちゃくちゃ楽しいですね。

今のところ琵琶一、淡一、小豆島、ホノルルという案が出ていますので、みんなの練習の進み具合を見ながらイベントを作っていきたいと思っています。

みんなの自転車

コメントを残す