コンテンツへスキップ

Honolulu Century Ride 2016 <アフターライド編>

大抵のホノルルセンチュリーライド(以下HCR)ツアーでは、大会終了後どこかのホテルで「交流パーティ」が開催されるのですが・・・

ホテルに帰ってシャワーを浴び、ベッドでちょっと横になろうかなと思ったら・・・気付いたら「交流パーティ」終了時刻過ぎてましたわ(涙)

ホノルルセンチュリーライド2016

HCRの次の日はオプションツアーでマノアフォールズまでのサイクリング及びトレッキングツアーがあったので参加しました。

コースは、カピオラニ公園~ハワイ大学~マノアフォールズ・トレッキング~カカアコ~えひめ丸慰霊碑となかなか興味深いルートでした。

ホノルルセンチュリーライド2016


ハワイ大学まではいい天気だったけれども、マノアフォールズへ向かうにつれ雨が・・・

ホノルルセンチュリーライド2016

レインウェアをもっていっていたので大丈夫でしたが、なかったら結構寒かったと思います。

マノアフォールズではトレッキングで滝まで。

ホノルルセンチュリーライド2016

ホノルルセンチュリーライド2016

筋肉痛の足には辛いところ。

しかも雨が降っているので地面が滑りやすく、とても気を使う必要がありました。

おかしいなぁ・・・

晴れ女一緒にいたのになぁ・・・

マノアフォールズから町へ下っていくと雨も止み、でもたまに降ってくるのでウェアのチョイスが難しかったです。

ホノルルセンチュリーライド2016

このツアーで一番面白かったのは、カカアコの街。

アートの町でうっているらしく、建物のオーナーはアーティストに絵を描かしているようです。

ホノルルセンチュリーライド2016

決して落書きではない・・・らしいwww

最後はえひめ丸の慰霊碑のあるカカアコ・ウォーターフロントパーク。

ホノルルセンチュリーライド2016

非常にきれいな場所に慰霊碑が建てられていました。

ガイドの話では、訪れる観光客は皆無らしく、貴重な機会を得ることができました。

ホノルルセンチュリーライド2016

街の中心地はバイクレーンが整備されていて走りやすいのですが、一方通行も多く初見では結構迷うと思います。

ただ、車はそれほどスピードも出しておらず、路上駐車もバイクレーンをふさいで止めている車は皆無なので、非常に走りやすい街です。

車の運転は日本人に比べると下手らしいのですが、無理に自転車を抜くことはなく、静かに後ろをついてきます。

ハワイに住めば住むほどクラクションは鳴らさなくなるらしいwww

日本だったらギリギリ抜いていくことが多いので、「日本と比べるとドライバー優しいよね」と言っていました。

ホノルルセンチュリーライド2016

たまに日本でも見られる対面通行の自転車道もありました。

が、大きな違いは歩行者は歩いておらず、自転車道としてきちんと機能しているという点が大きく違いました。

誰もが「自転車=車」と認識されている点が日本とは違うのでしょうね。

ホノルルセンチュリーライド2016

今回のHCRは非常に楽しかったので来年も参加しようと考えています。

また、盗難を恐れてなかなか自転車で出かけることもなかったので、来年はその辺を考えて、自転車でカフェ巡りでもしてみようかなって思っています。

ダイビングはする暇なかったのがちょっと残念ですが・・・荷物が多すぎて水中撮影機材持っていけないんだよね・・・

一応ワイキキビーチで水遊びはしたんだけど、砂で透明度がよくなくて・・・

ホノルルセンチュリーライド2016

その辺も考えないとね。

コメントを残す