ただいま。西表から帰ってきました。
今回の西表はとても面白かったです・・・
面白かったんですがねぇ・・・
天気が・・・

http://www.kitachan.net/img/pic/iriomote/iriomote3.jpg
西表に入る前から海は荒れ荒れ。石垣発船浦行きの船は欠航。石垣発大原行きの船しかないし。前半は熱帯低気圧の影響が後半は前線が停滞したせいで、
風・雨の毎日
あぁ? 😥 😥 😥
誰じゃ雨男(雨女)は! 😡 😡
(↑もちろん自分が雨男とは全く思っていませんし)

ただ海は面白かった。西表の大抵のポイントは行ったし、仲ノ神島や波照間にもいけたし。見た魚も大物ではマンタは出なかったもののマダラトビエイやカメ・イソマグロ・バラクーダーも見れたし船の上からイルカも見れた。マクロではニシキテグリやマンジュウイシモチ・ニチリンダテハゼなどなど充実していました。うなりざきのスタッフも親切でしたし(我儘言いまくってすみません)、同部屋の人たちとも仲良くなれるなど楽しいダイビングとなりました。

10月11日は住吉入植55周年記念式典の前夜祭があり、またそれが楽しかった。ホント村のお祭りって言う感じでほのぼのとしていたけど、抽選会がまたすごい。その数100点以上はあると思われる景品が振舞われた。その中には石垣-西表間の往復乗車券や石垣-ハワイの往復航空券、自転車、ラジカセなどなど。ちなみに私は泡盛2升と工具セットが当たった。う?んラッキー (*^o^*)

ただなあ、ラッキーじゃないことがちらほら・・・
初日の1本目のダイビングでは水中ライトが水没し、5日目にはマスクが壊れてしまった。Fisheye用のドームポートにも傷が・・・
嗚呼、悲しい (( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄))。特にマスクはMaresのOperaだからもう売ってないんよね・・・。まあ予備マスクや予備ライトで何とかカバーできたから良かったものの・・・

アンラッキーな面はあるものの全体としては大満足。写真はもちろん撮りまくり。数が多すぎてなかなかUploadできません。

そうそう、今回始めてCoolpix5000+Fish Eyeを使ったんだけど、むっちゃ面白いねFisheyeって。画角が広いからすんげー広いワイドな写真が撮れました。あまりにも画角が広いんで魚の大きな群れも、なんか小さな群れになっちゃいますが・・・ただ今までのデジカメでは表現できなかったワイドな写真が十二分に表現できます。ポートに傷がついたのが痛いですが・・・

GalleryはUploadし終わったらまたお知らせするので楽しみにしていてください。

2

先日お知らせしたとおり、明日5日より西表島に行ってきます。

国内旅行なので準備といってもほとんど何もすることなく、やったことといえばツアーを申し込んだ旅行会社が超マイナーなので「潰れないで、潰れないで」って祈っていたことぐらいかな(笑)。
というのは冗談で、やったことといえば「Hard Mew」を買った事ぐらいですね。知ってのとおりフルフットフィンはPiccasoのBTを持ってますが、あまりにも大きくて・・・。
本当はコンパクトなデジカメを買おうかと思っていたんですが、それも邪魔くさくて現在にいたっています。

連休を挟むので、その時は人は多いと思いますが、それ以外は人も少ないような感じなので快適な旅行になると思います。ダイビング以外にもスノーケリングやカヌーなどできればとも思っています。ただ、連休中に大潮になるのが痛いですが・・・。

まあ、結構長いこといるので余裕を持って楽しみたいと思います。減圧症には絶対にならないよう気をつけたいですね。来月モルディブに行くのに減圧症にはなってられません。

西表に行っている間HP更新はお休みします。
ではでは。

5

突然ですが来月西表島に行ってきます。
期間はちょっと長くて、10月5日から17日12泊13日。サービスは昨年利用した「ダイビングチーム うなりざき」。一人で行くので今年は「ヴィラうなりざき」ではなく「うなりざき荘」(になるはずだ・・・。まだ申し込んだばっかりなので詳細がきていない)。本当は「ヴィラ」にしたかったけど一人ぢゃお金かかるし・・・。本当は海外にしようかなと思っていたけれど、ふと沖縄で潜りたくなって急遽予定を変更。石垣と迷ったんだけれどこっちにしました。なんせ私のお気に入りのポイント。

今回はそんなに無理をしない(と思う・・・ :-()。減圧症明けやし、日程も結構あるんでのんびりとしようかなと思う。
「DIVING PHOTOGRAPHY」No.16に載っていた「星砂の浜」で写真を撮りまくってもいいなぁ。もちろんスキンダイビングで 😀

http://www.kitachan.net/img/pic/iriomote/iriomote2.jpg前回のログブックを見ていると、50本目を西表で祝ってもらったのを思い出した。そうそうイソマグロの兜焼きやパイナップルジュースをつくってもらったけ。サトちゃんやケンジ君、めだかさんって元気にしてんのかなぁ(覚えてちゃぁいないだろうけど・・・)うなりざきのHPをみたらサトちゃん・ケンジ君とも新コンテンツとしてエッセイを書いているやん。

今度の西表は久々の南の島なので
むっちゃ楽しみだ。
無理しない範囲で楽しんできますわ 😀
台風なんかきませんように。アーメン:angel3:
(それよか11月どこ行こ。パラオにしよかなぁ)
( ̄。 ̄)

そうそう、うなりざきといえば隣の「月ヶ浜」のユニマットのリゾートホテル問題。
先日も自然保護団体「世界自然保護基金(WWF)」「トゥドゥマリ浜におけるリゾート開発の問題点」という意見書を出し、計画の再検討を行うよう求めていると報道されていた。

これは難しい問題だ 😡
私としては残念だけれど、行政が支援している以上司法の判断が出ない限り計画は止まらないのでは。財政赤字・雇用創出に苦しんでいる西表経済を考えると、環境団体等にいくら文句を言われようとも計画を進めようとするであろう。だってこれ以外問題を解消する代案がないんだもん。

ちなみに「財政再建団体」って知っている?
地方公共団体の赤字額が一定割合を超えると「財政再建団体」として国の管理下におかれ、財政再建計画を立てなければならなくなるんだけれど、まあ民間の倒産と同じ。で「財政再建団体」になるとどうなるかというと、日本で唯一の「財政再建団体」であった福岡県赤池町では、住民負担が下記のように増加したということだ。

住宅家賃は約23.2%増、体育施設は5年毎に約25%増、水道料金は5年毎に約12%増、汚水処理施設は約2倍増、給食費は約15%増。団体への補助金は半額以下。敬老年金55%減、敬老会経費100万円減、保育料減免措置なし等のほか、住民票や印鑑証明の発行手数料も値上がりした。

最悪である。
しかも住民負担以外にも行政運営にいろいろ支障が出ていたようだ(しばらく庁舎の雨漏りも直せなかったらしい。:cry: )。
地方公共団体はこれにならないために日々赤字を解消しようとしているんだけど、将来のことを考えていたら近い将来決算を越せない恐れがある。そう考えると行政はよっぽどのことがない限り手を引かないだろうなぁ。金のなる木やし。行政にとっては将来の利益より目先の問題解決が重要だろうし。

2

柏島に行ってきました。

今回は夜行バスで大阪を出発。愛媛で兄と合流して柏島へ。柏島というと、最後の山道が超難関でそれ故柏島を「陸の孤島」とさせていたが、8月末に「大堂トンネル」が完成。これまで一切の展望台まで20分かかっていたところが、なんと2分で到着。衝撃的な早さである。このトンネルの完成でまた人が増えるのかなぁ・・・

前回の白崎では平均水深5m以下であったが、今回は水深40mに挑戦してきた。結構緊張したが浮上速度に十分注意をしたせいか、今のところ減圧症の症状は出ていない。よかった 😀
まあ、40m行ったといっても、ちょっと怖かったので1回だけにした。
DECOは出てしまったけど・・・(←ダメじゃん)

今回は1日2本のダイビングしかしなかった。柏島は深いところに行くので慎重に潜ったつもりである。ただ浅いところを中心に潜っていたから結構長い時間潜っていた。
潜水時間75分っていうのはどうかと思うぞ。
反省反省。注意をしなければ・・・

いろいろ聞いていたけど、8月の台風10号の影響は大きく、珊瑚が結構めくれていた。柏島にあるNPO「黒潮実感センター」の人と柏島のガイドが珊瑚の調査に行っていた。早く回復して欲しいものである。

http://www.kitachan.net/img/pic/kashiwajima.jpg
:↑↑:一切の展望台から見た柏島

帰りは宇和島から夜行バスに乗るので、車で宇和島まで。途中「津島やすらぎの里」とう温泉によったが、これがまたヒット。値段は600円にもかかわらず露天風呂も完備。結構広く快適だった。

また宇和島の「道楽亭」で食べた鳥の刺身は絶品。元ロイヤルホテルのコックであったご主人自らが3時間前に絞めた鳥なのですごい新鮮。心臓や砂ずりの刺身なんて初めて食べた。鍋も美味しいということなので次回は鍋を食べよう 😀
http://www.kitachan.net/img/pic/tori.jpg
:↑↑:鳥の刺身

17

ダイビングに行ってきました!!
場所は和歌山県の「白崎」。約9ヶ月ぶりのダイビングということで慎重にしたかったので、ビーチエントリーで水深の浅いスポットを探していた。(しかも平日で)

ここ「白崎】は関西ではよくここで講習をするということで、希望条件にばっちり合っていた。実際1本目はMax 9.2m Ave.6.4m 2本目はMax 8.7m Ave.4.2mとむっちゃ浅いダイビングであった。

でも9ヶ月も経つと結構忘れているものやね。セッティングの仕方からカメラの使い方まで・・・
水中でバランスを崩してしまい中性浮力はうまく取れないし・・・嗚呼。:cry:

しかも
「ウエットきつい」
っていうお決まりのパターン。(言い訳さしてもらうと、きつかったのは肩から背中にかけてのみ、腹回りはとてもゆとりがあったよ。トレーニングで後背筋が発達したのではと思われ。ウエイトも軽くなった。いい傾向だ:-D)

久々に潜っての感想は、
「やっぱり海は面白い」
ってこと。100本以上潜ってはじめて、ミジンベニハゼとミナミハコフグ見ることができたし。ラッキー。

伊豆と和歌山の違いは・・・う?んまだわからんなぁ。「串本」で潜ってからそれは考えよう。
1つ言えることは、なんといっても
人が少ない。
うん、これは人ごみの嫌いな私にとってとてもいいことだ。平日行った事もありほとんど人はいなかった。「土日祝はどうなの?」というヒアリングの結果も「伊豆の3分の1もいないんじゃない」とのこと。
伊豆だと魚より人の数の方が多いときもあるからなぁ。なんか蟻んこみたい。

ダイビング後も特に体の痛みがなく今のところ順調です。しばらく様子を見てまた次潜りに行きたいと思います。

一応写真も撮ってきました。ミナミハコフグは10枚ぐらいとってすべて失敗です。掲載している写真もバックショット(涙)

6

ようやく海に潜れるようになりました。

前回の検査から2ヶ月経ったので、8月8日に東京医科歯科大学に再度検査に行ってきた。担当医の山見先生にいつものようにルレットを体中コロコロと転がされた。驚いたことに感覚は前回と比べると段違いに良くなっていた。前回は左右の感覚の差がはっきりわかったのに、今回は
「なんか違うのかなぁ。どうやろなぁ」
というぐらい差があまり感じられなかった。

といってもやはり所々左右の感覚に違いのある部分もあり完治というわけではない。先生は
「この部分はずっと残るかもしれませんね」
とおっしゃったが、症状が固定したと思われるので、ダイビングに復帰しても良いとのこと。

ただ、
1.減圧停止を長く取ること
2.浮上速度に注意すること
3.具合が悪くなったら直ぐ酸素を吸うこと
4.できればナイトロックスで潜る方がよい
5.異変があれば直ぐ連絡して欲しい。
と注意を受けた。また先生曰は、「出来たら日本で潜って欲しいなあ。海外だと連絡つかないから」と笑っておっしゃっていた。

まあ、とにかく海に再び潜れるようになったので、今後は非常に注意して潜りたいと思う。

二度とこんな目にあいたくねえ 😡

3

本日東京医科歯科大学へ行ってきた。減圧症治療が終わって5ヶ月ちょっとを過ぎ、「そろそろダイビングに復帰できるかな?」ということで診断書をもらいに行ったのである。

本日は山見先生に診て頂いたのであるが、診察はいつもと同じくルレットでコロコロとからだを転がすヤツ。転がされた瞬間から 「あっ左右の感覚が違う :-oやべぇ 」と思ってしまい、一瞬「同じ感覚ですって言ったほうがいいかな。」と思ってしまった。 (x x) まあココで嘘をついてもしゃあないことなんで正直に答えましたが・・・

で結論として「1・2ヶ月様子を見たほうがいいですね」ということだ。ショック 😥 そろそろゴールかなと思っていたところ実はあと1周走りなさいって言われたような感じ。

まあそんなことより、明日の患者の予定を覗き見したらなんと某プロ野球の外国人選手(怪我人)が予約していた。現在プロスポーツ界では怪我の治療のために高気圧治療を利用することがはやっており、ワールドカップ前のベッカム(イングランド)も利用していたらしい。理論的には減圧症の治療と同じで、高気圧下で酸素を吸うことによって細胞の治癒力がUPするので、短期間で復帰しやすいようだ。

街中でも癒しの空間として簡易チャンバー(チャンバーもどき?)も置かれるようになってきた。まあきちんとした病院でチャンバーに入るのであれば問題ないが、私的には街中のヤツは入りたくないなあ。酸素とか圧力の管理大丈夫かぁ 😕

6

とうとう来たぁ?
先日注文していたLong Blade Finが届きました。
買ったFinはスペインPicasso社の「Black Team Fins」。フリーダイビング用のフィンが欲しくてインターネットでいろいろ調べたら、C4 FALCONが一番評判よさげであったが、「高い金出してカーボンフィンなんていらんな」ということで、お手ごろなプラフィンを探していた。CRESSIやOMER・IMERSIONといろいろ検討したがどれもしっくり来ない。

というのもやっぱりヨーロッパ人向けに作ってあるから甲の幅がどれも狭いんよ。私の足は日本の靴でも1サイズ大きめに買わないといけないほど幅がでかい。諦めかけていた時に偶然インターネットで見つけたのがこのフィンである。

もちろんインターネットショッピング。スペインのScubastore社が安く売っていたのでそこで買うことにした。価格は驚きの96.46US$。日本円で12,000円弱で買えるやん。(ただ輸送にDHLを使うので輸送費5,000円ぐらいかかった。まあこれだけちゃうけど買ったんは・・・)輸送はDHLなので1週間以内に日本に着いたようだ。

で実物を見た感想は

「でかっ!!」

噂には聞いてたけどほんまにでかいなあ。
↓の写真見てもらったら一目瞭然だけど、私が持っているGULLのBonitoと比べると、幅はほぼ同じで、長さが1.5倍ぐらいある。

そろそろ暖かくなってきたのでスノーケリングに行って早く使ってみたい 😀
(でも使いこなせるのか 😕 不安だ・・・)

あっ、そうそうフリーダイビングも減圧症になるリスクはあるらしい。まあそこまで深く潜れないからなぁ・・・。気をつけないと。
まずは息ごらえの練習しなきゃ。
陸上でサンバやブラックアウトになったらいやだなあ。 😀