コンテンツへスキップ

先日注文した、「I.O.P. DIVING NEWS(伊豆海洋公園通信)」が郵送されてきた。

「I.O.P. DIVING NEWS」は名前の通り伊豆海洋公園にて「I.O.P. DIVING CENTER」を設立した(株)益田海洋プロダクションが出版している定期刊行物で、編集者が神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能先生なので、新たに和名がついた魚の紹介や魚の生態の紹介など結構学術的なことが掲載されている。

これは面白い!!

特に1ページ目の「今月の魚」は面白く、「え?こんな魚いるのん?」っていう魚が紹介されている(例えばハタタテハゼとアケボノハゼの交雑種(Vol.13 No.5)など)。他にも新たに和名がついた魚を見ていると「今度見てみたいなぁ」と思わせるし。

そもそも「I.O.P. DIVING NEWS」の存在は知っていたけど(魚に詳しいガイドさんは持っているし)、全然買う気が起こらなかったけど、買う決定打となったのはプエルトガレラ「SCUBA TRITON」の石田さんの紹介。前回「プエルトガレラその3:これって区別つく?」で書いたようにCheildiptens zonatus、Gold back fang blenny、シンジュタマガシラ(yg)について掲載されるらしいし。これは買わないといけないでしょ。値段も年間4000円弱とお手ごろな値段やし(まあ8ページしかないからなぁ)。

バックナンバーも買えるので、今回は2002年4月以降の「I.O.P. DIVING NEWS」を購入したが次回は第1号から買っちゃおうかな。

ちなみに「I.O.P. DIVING NEWS」を買いたい方はは「I.O.P. DIVING CENTER」に電話したら、すぐ振込用紙を送付してくれます。バックナンバーも買えるので、振込用紙の通信欄に希望するバックナンバーと今年分(「I.O.P. DIVING NEWS」は年度単位です)のところにチェックして入金すると、入金が確認され次第すぐ郵送してくれます。

今日サイパンから帰ってきました。

天気はあまりよくないし、風が強いので波は高い。
なんかこのごろこんなんばっかりやな。

で、海の方はというと
・・・魚がいない。
噂では聞いていたんやけど、ほんとに魚が少ないなぁ。プエルトガレラと比べると・・・比べるだけアホらしい。仕方がないからカスミチョウチョウウオの群れでも撮っときましたわ。ハハハハハ・・・(涙)

魚がいないなら風景をって思っても、太陽がぜんぜん出てこない。おかげでGrottoやTinian Grottoもぜんぜん光が差し込んでいない、ただの穴でした。透明度も「晴れていればもっときれいやねんやろな」と思うくらいの透明度でした(ってわからんか・・・)Obyan Beachではリップカレントに持っていかれそうになるくらい強く流れていたし・・・毎朝ケーブルテレビのWeather Reportの番組を見て一喜一憂していましたわ。
https://www.kitachan.net/img/pic/news/20040211_001.jpg https://www.kitachan.net/img/pic/news/20040211_002.jpg
で、問題のEagle Ray Cityなんだけど、今年はぜんぜんマダラトビエイが出ていないようです。下手するとIce Creamの方が良く出るのではとも現地では言われています(実際私の時はそうでした)。「もうEagle Ray Cityは終わった」とか「しばらくクローズしないと」という声もちらほら。もちろん今年のEagle Ray Cityにマダラトビエイは出ていないという情報を事前に仕入れていたので、そんなにショックはなかったですが・・・2回潜って1回しか会えなかった。1匹も出なかったときは、「うわっ、最悪。こんなに流れが速いのに」と水中でぶつくさ文句を言ってました。

今回は途中現地で友達と合流したので、陸上は結構楽しく過ごせました。たまにはみんなでガヤガヤしながらダイビングに行くのもいいもんやね。しかしダイビング自体の純粋な評価は・・・中の下ぐらいかな。もちろん海はきれいでしたよ、ムッチャ。でも私的には魚がいないとダメなようです。ほらワイドの写真を撮るのってなかなか構図が結構難しいじゃないですか。タイミングをはずすと最悪な出来栄えになるし・・・。今回はEagle Ray Cityでのマダラトビエイの群れと、Grottoでの幻想的な穴を見に行ったんですが、どっちもはずしたし。Grottoは時期的なものがあるので仕方がないですが、Eagle Ray Cityはね・・・。両翼のないサイパンってあんまり魅力を感じないなぁ。もう一回行きたいか?って言われたら・・・正直No Thank youですわ。

今夜サイパンに行ってきます。帰国は11日の午前中の予定。

プエルトガレラから帰ってきて、ほとんど休むこともなくサイパンに行くので結構体はお疲れ気味。日本は寒いので風邪をひきそうでもあるし・・・また今週から寒くなるって言われているので、さっさと日本を脱出したいものです。

プエルトガレラの写真のUPをサイパンに行くまでにやろうと思っていたけど、到底無理やね。不可能。魚の名前を調べるのにも、写真もログブックを見ながら、図鑑で名前と写真を照合し、なければインターネットでチェックするという手間があるし、Web用画像もPhotoshopでトリミング・レタッチをするので結構な手間がかかるなあ。正直しんどくなってきた。

今回のサイパンもプエルトガレラと同じようにダイビングは無理をしないでおこうと思っています。基本的には1日3本になると思いますが、人が多かったりしたら2本になるかも。あと火曜日から潜り始めるんやけど、どっかで休みの日がほしいなぁ。金曜潜らんとこかな。あと、プエルトガレラで安全停止について、人と同じくらいの時間ではなくもっと長く段階的に安全停止をしたほうがベターと指摘されたので、その点をもっと注意しようと思う。

サイパンはどんなところだろう。プエルトガレラは透明度は悪かったし、水温も21?26度と結構冷たかった。今度は海の中は暖かいんだろうなぁ。楽しみ。噂によるとイーグルレイシティのマダラトビエイは今年はぜんぜんいないという衝撃の情報も入っているが(涙)

プエルトガレラでは画像をiPodに保存していたが、この方法はやはりメリット・デメリットがある。やっぱり昨日の画像を見返すことが出来ないっていうのがデメリットかなぁ(意外とバッテリー食うし)。そうは言っても持ち運びが楽というメリットがあるし。ただ暇な時パソコンで遊ぶっていうことが出来なかったのは痛かったなぁ。(それはプエルトガレラだからか。何もないところだったからなぁ)サイパンはもっと便利だろうから今回もPCは持って行かないでおこう。

サイパンのインターネットカフェのPCは日本語使えるのかなぁ。そうそうちゃんとWebメールの設定をしておかないと。